高津区新作の絵本の英語教室 リトルブックルーム

~思考力・想像力を育てる子ども英語教室~

※レッスン時間中は電話対応できません。
メッセージを残して下さい。

カテゴリー

英語耳の作り方 国語のα教室

ブログ

大人の多読倶楽部 アメリカの歴史をちょっと知る

2018年11月17日

Thanksgiving Ⅾayの本を読んでいて

 

北アメリカ大陸に渡った人々は、

元々はNative American の人たちにずいぶんと助けられたことを知り

そこから話が広がりました。

 

サカジャウィアという16歳の女の子が、大統領命をうけた トーマスとクラーク

の二人の北アメリカ西部の探検を助けました。

彼女なくては彼らの探検は考えられなかったそうですよ。

なんと彼女、出産したばかりの子どもを連れての同行だったのですって。

すごい!

 

DSC_0900

左から

「Lewis and Clark : A Prairie Dog for the President」

 

「Fancy Nancy the Dazzling Book Report」

Fancy Nancy が初めてのBook Reportでサカジャウィアについて書きます。

 

「Night at the Museum」

ここにもサカジャウィアが出てました。

DSC_0902

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
English School Little Book Room
(旧 絵本の英語教室 ドリームキッズ)
MOTTO MOTTO English 提携教室
http://ehoneigo-dreamkiz.com
住所:川崎市高津区新作5-6-6 Steps 103
TEL:090-1737-3789
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大人の多読倶楽部 英語の絵本を楽しもう

2018年11月13日

大の大人が本気で絵本を楽しみました。

各自持ち帰って読んできた本のブックトーク。

 

「Pink and Say」Patricia Polaco

アメリカの南北戦争の中で本当にあった話。

Pink and Say

今回これを読んだ方は、

何回か読んだそうです。始めは涙が出ることはなかったけれど

4回5回目と読むうちに泣けてしまったそうです。ううわかります。。。

もう一人の人のブックトーク

登場人物たちの家の様子などを、当時の様子がこのようだったのかと思いながらじっくり見た。

Sayは脱走してしまったけれど、Pinkは元の部隊を探し出して戻りたいと思っているそれは、

これは「これは俺の戦争だから」というところは考えさせられた。

 

「Sarah, Plain and Tall」Patricia MacLachlan

時代背景は大草原の小さな家の頃よりもう少し進んでいます。

Sarah, plain and tall

こちらは、絵本ではなく児童書です。

ブックトークより

英語はやさしめです。

なのに、登場人物たちの心の機微の表現がここまでできるのだなと思いながら読みました。

手紙のやり取りから始まり、結婚するかどうか子どもたちの母親になれるかどうか

お試しの滞在、こどもたちはSarahがこの家に来てくれるのか、

Sarah自身も生まれ育った環境とは全く違う草原の家でやって行けるのか

その後Sarahは。。。

 

読書会の良いところ

自分では手に取らなかった本の、ほかの人の感想を聞いて

その本に興味を持つことができることです。

 

これらの本はもちろん、読む順番待ちができました。

 

Thanksgiving Day の本

 

日本ではHalloween が終わるとChristmasモードになってしまいますが、

Thanksgiving Dayの由来も紹介したいですね。

 

DSC_0888

例えば cornucopia(コーヌコピア)

右端の本の表紙の 秋に収穫された食べ物が入っている

角の形をしたカゴをそう呼ぶそうです。

 

メンバーの方のお一人が、この会に先んじて、

ご自身のFBページで紹介されていたのも話題に出ました。

 

もっとたくさんの絵本、

 

そしてORTのシャドウイング

 

絵本で癒されたい、加えて語彙力つけることはもちろんですが

この際、シャドウイングをがんばって

自分自身の英語力さらなるアップも目指しています。

 

みんなでやればきっと続く💕

 

手順は、まず絵をよく見てストーリーを想像します。

(ORTは絵の中のストーリーもあります。

つまり、文にはなっていないストーリー、これについても

楽しんだ様子を、また報告いたします。)

 

全部正しく言おうとするのでなくてもOKで、

大事なのはリズムとイントネーション。

 

というところにフォーカス。

 

英語は正しい発音もさることながら、

このリズムとイントネーションで通じるところもかなり大きいですから

この練習方法は理にかなっている、と実感!!

 

今回はこのあたりで

Happy Reading♪

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
English School Little Book Room
(旧 絵本の英語教室 ドリームキッズ)

1,500冊の洋書絵本の図書室のある教室
MOTTO MOTTO English 提携子ども英語教室
http://ehoneigo-dreamkiz.com
住所:川崎市高津区新作5-6-6 Steps 103
TEL:090-1737-3789
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018 Halloween 絵本と Jack-o-lantern!!

2018年10月28日

Happy Halloween!!

 

この絵本は「I AM BAT」です。

I AM BAT

Cherry が大好き、取っちゃダメ They are mine!! とすごんでいるんだけど

あれあれ?取られちゃいます。

でも、サクランボを取っちゃった動物がそ~っとおわびにナシをおいてくれて。。。

 

DSC_0867

 

Dark Dark・・・ 暗い暗いものはどんなものだったか

よく聞いて後で教えてもらいました。

 

In the Dark, Dark Wood

DSC_0857

My First Halloween Old Devil Wind

「My First Halloween」

Halloween って家族で楽しむんですね。

Partyでは アップルボビングしたり日本の目隠し鬼みたいな遊びもしていました・

アップルボビングは知っている子が説明してくれました。

 

「Old Devil Wind」
気味の悪い音が聞こえてくるおばけ屋敷を想像してみよう。

ゴーストがもの悲しく嘆き悲しむ音

椅子がカタンカタンを歩くような音

ロウソクが消えそうになったりポッとついたり

これはほんとにホーンテッドハウス!

 

DSC_0872

硬いカボチャに挑んでいます。

切るの大変。

DSC_0868

 

頑張ったかいがあって、すてきなJack o lanternができました。

DSC_0873

DSC_0874

 

最後にトリックオアトリートもやりました。

毎年配る「魔女の指クッキー」

Hoo Hoo Haa haa Haa  

 

 

結構おいしいんですよ (^^)Enjoy!

DSC_0852

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ English School Little Book Room
(旧 絵本の英語教室 ドリームキッズ)

1,500冊の洋書図書室のある英語教室
MOTTO MOTTO English 提携教室
http://ehoneigo-dreamkiz.com
住所:川崎市高津区新作5-6-6 Steps 103
TEL:090-1737-3789
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語えほんの読み聞かせ第10回@武蔵新城 Halloween!

2018年10月10日

Happy Halloween!!

 

今年も

こわいけど。。そんなにこわくない 

この季節の絵本を集めて

コンサートリーディングをおこないます。

 

英語の全部の意味が分からなくても大丈夫

すばらしい絵と音楽は 皆さんの前にお話の世界を広げてくれます。

 

DSC_0833

 

 

絵本を楽しんだ後は

 

ミニかぼちゃでおばけカボチャ「Jack o lantern」を作りましょう。

 

去年の作品をちょっと紹介しますね。

 

DSC_0356 編集

 

日時:2018年10月27日(土曜日) 17時~

場所:Pasar Base 武蔵新城駅近く

参加費:読み聞かせ 親子2人で500円 以降お子様お一人につき500円 大人お一人500円 

    Jack o lantern(おばけカボチャ)作り 1個につき700円

 小学4年生以下のお子様は保護者の方と一緒に1つのカボチャを作って下さいね。

 

去年の様子です。

DSC_0351

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
English School Little Book Room
(旧 絵本の英語教室 ドリームキッズ)
MOTTO MOTTO English 提携教室
http://ehoneigo-dreamkiz.com
住所:川崎市高津区新作5-6-6 Steps 103
TEL:090-1737-3789
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大人の多読倶楽部 ハロウィンの絵本

2018年10月06日

今回もいろいろな本が出ました。

 

なんと皆さんご自身お持ちのお勧めの絵本を持ってきて

シェアしてくださいました!

 

I AM BAT DSC_0808

とてもきれいな色 Story もGood!

果物大好きらしい フルーツコウモリでしょうか Bat が主人公tです。

Bat君は季節的にHalloweenのメインキャラクターですし

ばっちりでした。

 

DSC_0806

 

パディントンです!!

イギリスで買ってこられたそうです

背景のパディントン駅がとても忠実に描かれているそうです。

行ってみたくなりますね(^^)

 

ORTです(^-^)

 

DSC_0802

 

読んだ方がブックトークで紹介してくれました。
ところでケンケンパ、Hop Scitch ってどんなルールだっけ??

投げやすい石をえらんだよね~

長方形を線で仕切ったような形だったよ、

え~地方によって違うんだね💕 というような話になりました。

 

ORTはお話が膨らんであっちの本こっちの本とつながりがあって楽しい。

キャラクターの設定はしっかりしてあって、

例えば Kipper の本名って?なぜKipperと呼ばれるようになったの?

なんてことを知ることができるのがこの本です。

 

DSC_0809

Kipper達一家の前の家、引っ越してきた家 いつも遊ぶ公園や学校

それが載っている地図も見ることができます。

DSC_0810

 

 

季節ですしやっぱりHalloween    

 

Pumpkin Moon Shine

Jack o lanternのことを Pumpkin Moon Shine と言っています、

Tasha Tudorが考えたのか、

この地方ではそう呼んでいたのでしょうか。

 

Tasha Tudor の処女作。
↑これはサイズが大きのですが

元々小さい 手のひらサイズの本でその復刻版があります。↓

キャリコという生地の装丁だったので キャリコブックというシリーズ。

 

DSC_0815

 

Moon Shine ともう2冊入っていました。
当時の田園生活が丁寧に書かれていて、

温かいストーリーとイラストをじっくり楽しめます。

 

次はよくある、「Dark Dark ・・・」のお話の本ともう1冊。

 

DSC_0811

「Dark Dark Tale」

暗ーい暗ーいところをひとつひとつ進んでいくのですが

イラストがとてもリアルで

本当にその場所を作者と一緒に進んでいくような感じです。

 

DSC_0814

DSC_0812

 

 

もう一つの方は、「Old Devil Wind」

「Brown Bear Brown Bear 」の作者さんです。
DSC_0813

ゴースト、スツール、床、ほうき、ドア、

むせび泣いたり、コトンコトン足を踏み鳴らしたり軋んだり、

不気味なものが不気味な音を次から次から出して・・・

最後は一陣の風が。。。

 

The Teeny Tiny Woman

「The Teeny‐Tiny Woman」

お墓で拾った骨で 晩ご飯のスープをつくろう なんて

このおばあさんは魔女でしょうか

 

毎年ハロウィンではこのお話を読みます。

小道具にスペアリブの骨を使って見ようかな(^^)v

 

その他にもたくさんの絵本を楽しみました。

Happy Reading♪

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
English School Little Book Room
(旧 絵本の英語教室 ドリームキッズ)
MOTTO MOTTO English 提携教室
http://ehoneigo-dreamkiz.com
住所:川崎市高津区新作5-6-6 Steps 103
TEL:090-1737-3789
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

川崎にある英語教室 リトルブックルームは 4技能につながる発音指導をいたします。

川崎市高津区武蔵新城駅近くにある大人とこどものための英語教室多読クラブ リトルブックルーム Little Book Room では、こどもの思考力と想像力を尊重したグループレッスンと MOTTO MOTTO English の個別指導が組み合わされたカリキュラムを通してこどもたちの自学自習への意欲を促進します。また、リトルブックルームが行う発音指導では、ただ音を聞かせるのではなく正しい発音で

英語のリズムを大切に、 するための口の形や舌の使い方を教える『見せる発音』を心掛けております。
当英語教室の小学生クラスにおいては、毎年の年度末が近付くとイースター・エッグやお菓子作りのイベントを実施、こどもの感性が刺激されます。クリスマスには英語の絵本の音読発表会や高学年になるとパワーポイントを使用しての英語のプレゼンテーションに挑戦して頂きます。

お問い合わせはこちらから