高津区新作の絵本の英語教室 リトルブックルーム

~思考力・想像力を育てる子ども英語教室~

※レッスン時間中は電話対応できません。
メッセージを残して下さい。

英語耳の作り方 国語のα教室

英語耳の作り方

英語耳の作り方

  • CDをただたくさん聞くことが耳をきたえることにはつながりません。
  • 音のシャワーはやり方次第で害にもなってしまう危険があります。
  • 入門クラスばかりではなく、どのクラスでも、音にフォーカスする活動は意識して取り入れています。

文字を書いたり読んだりする前に、フォノロジカル・アウェアネスの期間を大切にします。

フォノロジカル・アウェアネス

アルファベットの導入の前に、耳をきたえて、音の法則に関する感覚を磨いていく学習方法。

そして、その最初のステップは、ライミングとアリタレーションです。

ライミング?

語尾が韻を踏むというとわかりやすいでしょうか。日本語で言うところの ダジャレ、ではどうでしょう。

「さる、リハーサル  さる、おぶさる  さる、たちさる」
五味太郎さんの絵本の中の楽しいダジャレライミングです。

英語圏では、幼児にライミングを教えます。お母さんが、マザーグースを歌ってあげるのですね。

Icky, bicky, soda cracker,
  Icky, bicky, boo.
Icky, bicky, soda cracker
  Out goes you !

booとyouの「ウー」、ickyとbickyの「イッキイ」 がライミングしています。
Out goes you ! を I love you ! に変えても楽しいですね♪

アリタレーション?

同じ音で終わっているライミングに対して、同じ音で始まっていることがアリタレーションです。

例えば早口言葉に

Peter Piper picked a peck of pickled peppers;
A peck of pickled peppers Peter Piper picked….

ピーター・パイパーは、1ペックのトウガラシのピクルスをすくった。
ピーター・パイパーがすくった1ペックのトウガラシのピクルス・・・・

「・・ん、/p/ の音がいっぱい聴こえる・・/p/で始まっている単語 がいっぱい出てくるな。」と言うように、気づくことがフォノロジカル・アウェアネス、なのです。

ライミング・アリタレーションと、音に対する類似性に注意を払うようになると、単語の中の音素に気づくようになります。

文字と音をくっつけるフォニックス

そして読み書きへと入っていく時、フォネミック・アウェアネスが入っていると、子どもにとって負担が少ないのです。

リーパーすみ子「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている」より

子供のうちに英語耳を作るなら、川崎の英語教室リトルブックルーム

日本の国際化につれ大手企業では英語を公用語とするなど、もはや今の社会で英語は必須科目。お子様が英語の授業で困ることのないよう、川崎にある英語教室リトルブックルームでは、英語を正しく聞き取ることのできるこどもの英語耳を作ります。言える音は聞こえる音、言えるスピードは聞き取れるスピード、を取り入れた指導法を徹底しております。
英語に慣れるためには、独学でただ英語のCDを聞き流すのではなく、リトルブックルームのような英語教室で学んだ方がはるかに効率がよく、きちんとした正しい英語を話せるようになります。リトルブックルームでは耳を鍛えて英語に対する感覚を磨いていく学習方法を採用しておりますので、こどもにとっても大変楽しく英語を学ぶことができる貴重な場所となっております。
お問い合わせはこちらから